だけのこ日記

何もない日常が日常、それ”だけ”のこと日記

アフター編・Yielding Embodiment® Orchestrationを受けました

さて、昨夜のブログの後編です。

明日の自分を比較したいと言うのは、ボディワークを受ける予定があったからでした。先日ことりさんがスペースにお呼ばれして楽しく遊んでいたkaiさんの「Yielding Embodiment® Orchestration」です。

www.resonanceblue.com

 

これを受けたいと思った理由とかは昨日も書いたり、またその背景は追々述べるとして、今日はまず何とも言えないその感覚を書き留めておきたい。

そもそもYielding Embodiment® Orchestrationってなんぞやと言うのは私もよくわからないまま、でもこれは今の自分にきっとあう、という謎の確信を持ち、kaiさんのホームページから対面セッションの申し込みをしました。

とはいえ、ホームページの説明を読んでも「んーーー??」って言う感じ。間合い?ホールド??(でも、受けるとわかる・・・これが不思議。)

※やっと見せたい図のページが見つけられた!

セッションの後は体が軽いし、地に足がついている感覚、体の内側がすぅすぅする、自分が筒状になった空洞な感じがあり、活き活きしているとはこういうことか!という実感がありました。すっごく不思議。肩を揉まれてるわけでも足裏をマッサージするわけでもなく私の体が持っている力を助けてくれている、というのがYielding Embodiment® Orchestrationとのことでした。

ものすごーーーくざっくり説明すると、瞑想は誘導もしてもらうけれども、瞑想状態に持っていくのは自分自身。
イールドはほとんどkaiさんのことを感じないけどkaiさんがいて、はじめてあの場を作ることができ(=ホールド)間合い(kaiさんがいるのにいることを忘れるようなそうでない絶妙な感覚)でなしえる空間と感じました。

 

最初はクセ(?)で瞑想みたく呼吸に集中してしまったのですが、いやコレ違う、って気づきそれを手放してからスッと体の感覚の違いが出てきました。なぜそこに気づいたかはちょっとわからない。

背中あったかいな〜、力抜けてきたなーっていうのがまだ瞑想っぽい状態が残ってる時で。

その感覚が逆に違和感になって手放してからは体の内側が波打ってるような感覚と共に表面は溶けた綿菓子みたいに感じました。綿菓子、舐めると表面トロふわ?みたいな。あの感触です。さらにその感触に慣れていくと寝ていたはずのベットの高さや幅も感覚から外れて、ぺたん、と床で眠っているように感じました。でも眠ってはいないし、ここはKaiさんのおうちサロンという感覚も残ってる。でもなんだか違う場所にいる、みたいな。

 

簡単にセッションの説明。

①現在の体の状況をシートに記入。気になるところなど
②セッションが身体的に影響を及ぼすかどうか目で見られることもあるので(ない時もある)体の前後左右の写真撮影。
③その後、施術用ベッド(マッサージ屋さんとかまつパのお店みたいな)に仰向けになり体を横たえてkaiさんにゆだねる

Yielding Embodiment® Orchestrationは、3回バージョンとその後プラス5回を加える8回バージョンがあり私が受けたものはその1回目にあたります。

回ごとに姿勢を変えるので最初は仰向け。回を重ねるときにうつ伏せ、横向きと姿勢を変えるそうです。(ホームページ参照)

③のkaiさんにゆだねるからの先の話に進みます。

kaiさんがご自身の立つ位置を私との「間合い」で決めていきます。私は未熟者なのでkaiさんが右に立っても左に立っても、真ん中に立ってもいまいちフィットする的な感覚がわからない・・・ただ横に立たれたときだけはとちょっと違和感がある。それを感じることができてから、その後にまた左右に立ってもらうと、右下かな?と言う感覚になりそこからスタートし、上の感覚に至ります。

セッションがおわったあとの感覚を、

 

(『全集中常駐』ってこんな感じ?)

 

鬼滅の刃に例える自分もどうかと思いますが、今まで感じたことのない感覚を言語に落とすのはなかなか難しい…

今日は速報ということでここまでにします。しばし寝かせてからまた書きます。

お近くの方は私の続きを待つよりぜひ体験して欲しい。

とくに最近の私みたいにちょっとズレ感を感じてたり、胸のつかえ感やモヤッとしたものが取れないと感じてるひととか。心に変化を起こすのはちょっと時間も必要だけど助けを借りながら体側からアプローチかける。心よりサッと反応してくれる。体が元気になると心へのアクセスも良くなる。(なった!)に繋がると思うのです。

と、またここで気づいてしまったのは結果的にまた展開が速い。変化のスピードが落ちてないというヲチ。また何かを見つけてしまった!とても良いものを!!みたいな。

なんかこう、今の私ってそういう時期なんでしょうねぇ。このまま流れに乗ってどこまでいくか、ここまできたら試すしかないですね!